***七五三3才お悩みあるあるvol.03***

 

こんにちは^^

お悩みあるあるの時間です。

 

今回は

1.着物が嫌

2.髪を触られるのが嫌

3.知らない人が嫌

4.足袋が嫌

5.足袋はいいけど草履が嫌

の5つのうちの

3,知らない人が嫌

について書いてみます。

 

 

3.知らない人が嫌

人見知りなどによって知らない人を拒んでしまう場合です。

ただでさえ知らない人がいることが怖いのに、

その人に着慣れない着物を着させられていく…

確かに、その子にとっては「とっても怖いこと」ですよね。

 

かといって着付けやヘアセットには専属スタッフが必須なので、席を外すわけにもいきません。

基本的には強い抵抗がなければ(大泣きする、暴れてしまう)なるべく時間を掛けずに着させています。

ですが、耐えられなさそうな場合はママの助けを借りています。

細かな調整などはスタッフでささっとしてしまうとして、

着物を羽織ったり髪を櫛でといたり、

導入部分や大まかで良い部分をママにお願いしちゃいます!

 

そうすると必然的にママさんが常にすぐ傍にいることになるので、その効果も手伝って恐怖感が和らぐ子が多いようです。

ご家族の方が常に話しかけてあげるのも良いですね!

 

また、この場合も【1.着物が嫌】で述べた事前来店が効果を発揮します。

スタッフのことを「前に見たことがある人」と思ってくれるとスムーズに流れを進められます!

 

 

 

人見知りは成長過程でほとんどの子が経過するのですが、

がん泣きしたり、うまくことを進められなくなるので心配されるご両親も多いです。

ただ、人見知りは「自分(+親)」と「他者」の違いが認識出来てくる大事な成長過程でもあるので、

お子様にとっての

「安心」

を考えてあげることが重要ですね。

 

【お支度編】もけっこう進んで次回は

4,足袋が嫌

になります。

簡単かと思いきや、けっこうつまづいたりするんです。

まだまだ次回に続きます^^

 

 

Written by Mi-san

 

 

***お写真、ブログ掲載はサンプル掲載許可をいただいた方のみアップしております***
誰でも行けるフォトスタジオ
ご予約、お問い合わせはページ下部のフォームから↓↓